カラーコーディネーターで募集しているセド・アンド・ウイの求人に応募してみた

応募までの経緯

色の世界に興味を抱き、学生時代に独学で「カラーコーディネーター」の資格を取りましたが、正直、それを活かしてできる仕事というのはまず無いだろうと思っていましたので、普通に一般事務として就職していたんです。ただ入社後しばらくして「せっかくの努力を無駄にはしたくない」という思いが強くなり、思い切って転職を決意。久しぶりに求人媒体を見ていると、資格を活かせる職種の求人が出ていたので、迷わず応募しました。

面接で言われたこと

順調に進んでいた面接の中で、少々答えに詰まったのが「色についてどのように思われますか?」という質問でした。苦労しながらはじき出したのが「自分の魅せ方を考える上での武器となるものだと思います。強くみせたい、かわいくみせたい。このような事は、日常生活においてだけでなく、ビジネスの場においてもとても重要な事柄のひとつです。誰もが、第一印象を良くしたいと思っているわけで、そんな中で色の持つ役割は、非常に大きな物だと思うのです」という答えでした。

採用されて初めて仕事をした時の事

とあるタレントのカラーコーディネートがこの会社での初仕事でした。何でもイメージチェンジを図っている最中で、そのスタッフの一員としてだったんですね。いまでは上手くイメージチェンジが成功し、活躍されていますよ!

関連情報