和裁士で募集している粕加屋和裁の求人に応募してみた

応募までの経緯

以前は、呉服屋さんで着付け担当のアルバイトをしていました。もともと着物が好きだったので、いろいろな資格は取得済みだったのですが、思っていた以上に和装の世界はハードルが高く、未経験や初心者の入るスキは無かったんですね。でも、今回「未経験可能」の求人広告を偶然見つけ、「このチャンスを活かさないと、絶対に後悔する!」と思ったんです。

ちなみに前職のアルバイトは、結構すぐに辞めることができました。ただ今までいろいろなことを相談してきた経緯があったので、転職先が決まった旨報告すると、すごく喜んでくれまして、嬉しかったです。

面接で言われたこと

「和服のどのようなところが好きですか?」という質問には、比較的スムーズに答えることができました(笑)内容としては「日本人の心を感じるところです。和服を着ると、そんなに崩れた格好はできません。思いっきり走ることもできません。しかし、それこそが日本の「美」であり、そのような立ち居振る舞いが自然にできる服装こそ和装であると思います。日本美を、もっと若い方にも知って頂きたいです。」というものだったと思います。

採用されて初めて仕事をした時の事

初仕事は、和裁士を育てる教室の補佐業務でした。生徒さんに教える講師の姿を見て、私自身も多くを学びました。

関連情報