ブライダルコーディネーターで募集しているTPPNブライダル社の求人に応募してみた

応募までの経緯

友人の結婚式に参加した後のことです。もちろん、幸せな友人の姿はしっかりと見ていましたが、それと同じ位、サポートするスタッフに目を奪われてしまったんです。新郎新婦のために、親身になって立ち居振る舞う姿は、なんともかっこよく、一気に心を奪われてしまいました。以前は、小児歯科の受付をしていました。結構楽なお仕事で、あまり「活躍できている」という実感が無かったことも、転職を考えたきっかけかもしれません。ちなみに前職の小児歯科は3か月ほど前に意思を伝え、期日まで勤務して、普通に退職できました。

面接で言われたこと

「ブライダル企業はたくさんありますが、なぜ当社を選ばれましたか?」という質問に対して、「先日、友人がお世話になりました。その時、素晴らしい式で感動しまして、それを支えて下さった御社のスタッフの皆さまのすごさを目の当たりにしたんです。そんなスタッフに私もなりたい!と感じ、御社を希望いたしました。」とストレートに伝えました。

採用されて初めて仕事をした時の事

ブライダルコーディネーターの補佐が初仕事でした。内容としては、ひと組のカップルに寄り添い、受付からお式までをじっくりと学びました。やはり、募集要項に書いていたことを読むだけとは違い、臨場感あふれるすごさと素晴らしさを感じました。

関連情報