プログラマーで募集しているSTTIエキサイトの求人に応募してみた

応募までの経緯

今までの自分とは違った路線で、がんばってみたいなと、素直に感じたのがきっかけです。以前は、某商社で営業をしていました。ただその仕事をしていて、どうもこの仕事は自分には向かないのかなと、日に日に感じるようになりました。決まった相手となら、結構気軽に話せますし、打ち解けられるんですが、初対面の人とのコミュニケーションがどうもダメみたいなんです。自分って人見知りなんだな……と(笑)

面接で言われたこと

営業からプログラマーという、全く畑違いの業種への応募ということもあって、そこを中心に聞かれましたね。中でも一番答えにくかったのは、志望動機に続いて聞かれた「未経験なようですが、なぜプログラムの世界に?」という質問ですね。それに対して私は「学生の頃プログラミングを少し学んでおり、それがとても楽しかったこと」を軸として話を組み立てました。無事採用されたから良かったのですが、今思えば「何とも強引なやり方だなあ」と(笑)

採用されて初めて仕事をした時の事

ここでの初めての仕事は、既存のプログラムの仕様変更作業でした。が、これがものすごく苦労しました。まず、先輩が書き上げたコードということなのですが、これが分かりづらい!構造を理解するのに一日では足りませんでした。やはり学生の勉強とは勝手が違うな……というのはすぐに思い知らされましたね。

関連情報