保険コーディネーターで募集している保険の駅株式会社の求人に応募してみた

応募までの経緯

過去に、家族が保険ですごく悩んでいたことがあり、学生の頃より、「保険に詳しくなる」ことが目標となりました。学生時代に保険の知識をガッツリつけましたので、多くの人に適切な保険をアドバイスできる、保険コーディネーターという職業を目指すことを決めました。

面接で言われたこと

自信を持って答えられた質問の一つが「最近の気になるニュースを教えてください。」です。

これに対しては「選挙ですね。私の弟が高校生で、選挙権を持ち、今回初の投票となるのですが、やはり何をどうしていいのか、何を軸に考えればいいのか……と、悩んでいるようなのです。私の意見を押し付けるわけにはいきませんから、私が誰に投票するのかについては伏せた状態で、選挙の概要については話しをしました。学生が政治や社会を考える、良い機会になってくれたらいいなと感じました。」と回答しました。ちなみに後日、面接の質問に関していろいろ調べてみると、どうやらこのような質問では、世間一般的な内容を話すことがベストだそうです。面接官の考えを否定するようなことになりかねないテーマは避けた方が無難ですね。

採用されて初めて仕事をした時の事

家族の保険をコーディネートしました。

辞めるきっかけ

先輩とともに独立することになりまして、退職を決意しました。

関連情報